✄カリキュラム✄

美容師法に基づいた時間数の中で何を学び何を得るか

必須科目 47単位 1410時間

 美容実習 

国家試験課題やシャンプー・カット・ワインディングなど、サロンで行う技術を身につけます。

 美容技術理論 I・II  

実習の理解力を向上する為、美容の技術や機器に至るまで理論立てて追求します。

 保健 

美容のプロとして把握しておく必要のある、身体の構造や機能に関する知識を習得します。

 香粧品化学 

現場で使用する香粧品の成分、作用原理等について学びます。

 衛生管理 

美容師に必要な、公衆衛生の維持と増進について、美容器具の消毒法など、衛生措置の知識を学びます。

 関係法規・制度 

美容師法と衛生行政のしくみを学びます。

 文化論 

時代の流れにそった文化やデザイン、服飾など学び、トレンドをリードする能力を習得します。

 運営管理 

美容師または、経営者として必要なビジネスのノウハウを学ぶ事で、先を見据える経営能力を身につけます。

選択必須科目 20単位 600時間

 色彩学 

お客様に似合う色や魅力を最大限に引き出す為、実践的に色について学びます。

 ビジネスマナー 

多くのお客様に愛される技術者になる為、顧客サービスに基づく接客マナーを身につけます。

 メイク 

フランス,「パリ」の高度なメイク技術を基礎から、実践的に身につけます。

 ネイル 

ネイルケアの基礎からスタートして、ネイルアートまでの技術指導トレーニングを行います。

 総合美容技術 

美容のプロとしてのBasicから、『即戦力』につながる応用テクニックを総合的に学びます。


選択科目 単位外授業 320時間

 カット・スタイリング <プロ養成コース> 

シャンプー・ブロー・カット・パーマ・カラーの実践プログラムとしてモデル実習だけの科目です。卒業後、早期のプロヘアスタイリストを目指します。


アルスの事、もっと詳しく知りたい方はこちら>>Q&A