Make-Up

美容師にとってヘアと同じくらい大切なメイクを国際基準で学ぶ

ICAM

メイクアップカリキュラムで『実践力』を身に付ける

世界最高水準の技術を、スキンケアなどの基礎からしっかり学び、個性を引き出すメイクテクニックを習得します。
ICAMベーシックメイク国際ライセンスの取得が可能です。

  • 国際基準に適合したメイクアップ技術を習得、評価されることで未来への大きな自信に!

    カリキュラム修了後、国際ライセンス試験に合格するとICAMフランス本部が認証する「メイクアップアーティスト国際ライセンス」が発行されます。国際基準に適合したメイクアップ技術を習得、評価されることで未来への大きな自信になります。

  • 講師との写真

    夢が広がるICAM認定メイクアップアーティスト国際ライセンス取得後の進路

    メイクアップアーティスト、専門学校講師、メイクスクール講師、メイクアップインストラクターとしての活躍や、 ICAM認定メイクアップスクールの開校、TV局、スタジオ、ブライダルサロン所属のメイクアップ技術者など様々なチャレンジが可能です。

  • Skin Care

    Tゾーン・目もと・口もとを中心にコンディションの整え方を学ぶ。

  • Base Make-Up

    コンシーラーを使用して、肌をカバーし整えるポイントを学ぶ。

  • Eye Make-Up

    目もとをいかして立体感に見せるか等、さまざまな印象に合わせた演出方法を学ぶ。

  • Eyebrow

    眉のデザインにより顔の印象は変わるもの。眉の形やラインを基本から応用まで学ぶ。

  • Teak

    頬の輪郭修正や引き締め効果を得る方法、様々な輪郭を通して学ぶ。

  • Lip

    健康的な唇の表情を演出する効果を、唇の形や色を整えることで学んでいきます。


ICAM

『自分の活躍を制限しない、美のグローバルスタンダード』
それは、『ICAM』

ICAM認定メイクアップアーティスト
国際ライセンス取得可能!

パリコレクション、ミラノコレクションなどで大活躍する一流メイクアップアーティストを数多く育成している権威あるメイクアップカリキュラムを学べます。

「美の本場」と言われるフランスでは、エステティシャンや化粧品業界など美容に携わる人たちの資格制度として国家試験制度が確立されており、それらのライセンスを取得することで、各技術者は自信を持って美容業界で活躍しています。

そのフランス国内だけに限定されていた試験制度を国際的な試験制度にするためにフランス政府認可団体International Cosmetic & Aesthetic Management(ICAM)が誕生しました。ICAMは「どんな人でも努力すれば評価される」というフランスの資格基準の概念に基づき、高い技術力をもった美容のプロフェッショナルを育成し、その結果、美容に携わる人々の社会的地位を向上することを目的としています。


ARSは Make-Up 国際ライセンスICAM認定専門校

ICAMの認証したライセンスを保有することは、世界トップレベルの知識と技術水準を保有していることを意味し、世界的に美容のプロフェッショナルとして通用することの証です。本校ではICAM国際ライセンスの取得を可能にしています。

認定校の定義

認定専門校とはICAM日本支部の提供する単一部門のライセンス取得のための課程の教育を行い、ライセンス取得試験が実施可能な教育機関(学校法人)をいう。

1県1校をコンセプトに、「地域ナンバー1」を支援

ICAM認定校への支援体制

  • 教育基準となるべきカリキュラム、シラバスの提供
  • 必要に応じた教材の指定、供給
  • 海外研修の実施支援
  • 講師育成システムの提供
  • ICAM認定講師陣による特別授業の提供


ICAMメイク部門教育基準(カリキュラム時間) メイク1 ベーシック(60時間)科目/内容

  • 技術者としての心得・マナー

    ・メイクアップの必要性

    ・メイクアップ前の下準備と片付けについて

    ・道具の手入れ

  • ベーシックメイクアップについて

  • 皮膚の基礎知識

  • 顔分析

    ・顔の理想的なバランス

    ・パーツバランスと印象

    ・輪郭と印象

  • メイクアップ前のスキンケア

  • 基本的なメイクアップテクニックの修得

    ・ベースメイクアップ(スポンジワーク/ハンドワーク

    ・アイメイクアップ(基本)

    ・アイブロウ(基本)

    ・チーク・リップ(基本)

    ・ハイライト・シェーディング・トータルバランス

    ・フルメイクⅠ(ベーシックメイク)

    ・フルメイクⅡ(ポイント強調・メリハリ)

    ・曲線・直線バリエーションⅠ

    ・曲線・直線バリエーションⅡ

    ・テーマコンセプトの立て方

    ・デザイン画

    ・レシピの方法

    ・イメージメイク Ⅰ(キュート)

    ・イメージメイク Ⅱ(セクシー)

    ・イメージメイク Ⅲ(フレッシュ)

    ・イメージメイク Ⅳ(クール)

ICAMフランス会長 ギレンヌ・ルボー

ギレンヌ・ルボー

1973年より現在に至るまで、フランスにおける国家資格エステティック試験の試験官を務める。また、1997年にはカンヌ映画祭で女優のオフィシャルヘアメイクを担当する「デザンジュ」の経営するサロンの運営を一任されるなど、高い実務能力を評価されている。2002年より現在に至るまで、パリコレクションでイメージコンサルタントを務める。2013年より、ICAMフランス会長に就任。

◆ギレンヌ・ルボー会長からのメッセージ◆

静岡アルス美容専門学校を応援します!

ICAMのメイクアップカリキュラムは、国際的に活躍する一流メイクアップアーティストを数多く輩出してきたカリキュラムで、フランス国内は勿論のこと世界各国から高い評価を得ている権威あるメイクアップカリキュラムです。パリコレクション、ミラノコレクションをはじめ世界のコレクションで活躍する一流メイクアップアーティストたちが学んだこのメイクアップカリキュラムを日本に居ながら学べることは大変素晴らしいことです。ICAM認定校である静岡アルス美容専門学校の皆様が、世界に通じる感性とメイクアップテクニックを習得し、グローバルなステージで活躍されることを期待しています。

メイクアップ部門 フランス本部認定講師 フランソワ・レグディ

フランソワ・レグディ

Toni & Guy主催ワールドヘアショー・トリビュートショーやルイーズ&フランクファッションショーなどを手がける。ファションやコレクションメイクを得意とし、数多くのファッションショーや雑誌、広告などで活躍。また、10年以上におよぶメイクアップ講師の経験を持ち、これまでに複数のメイクアップスクールにおいて、フランス人はもとより世界中のメイク留学生の指導に当たっている。


メニュー
トップへ